効果的な宣伝方法を探る!faxdm(fax一斉送信・fax同報)

faxdm(fax一斉送信、fax同報)は現在のインターネット広告が普及する以前から
用いられてきた広告宣伝方法で、その歴史は古く、20年以上前から用いられている手法です。

そんな数多くの企業が取り入れてきたfax送信による広告配信ですが、
そのメリットや効果的な宣伝方法はどのようなものがあるのでしょうか。

まず、fax送信による広告配信におけるメリットの一つが、
日時指定が可能である上に郵送でのダイレクトメールと異なりすぐ送信できる、
つまり即効性が高い広告であるという点です。

一般的に郵送でのダイレクトメールは日時の指定は出来ません。

ですが、fax送信でのダイレクトメールは日時の指定が可能な事はもちろん、
faxの特性から開封されずに捨てられてしまう可能性が無い、
つまり必ず目を通してもらえる広告を配信できるわけです。

ですので、郵送でのダイレクトメールと異なるこの点を考慮した宣伝を行わなければなりません。

例えば、顧客の繁忙期や仕事時間は避ける事などが挙げられますが、特に時間や曜日によって企業の業務内容はさまざまですのでこれを考慮する必要があります。

つまり、日時を考慮することで広告への反応率も上下すると言えるでしょう。

また、広告商品特性と時期についてもよく考慮する必要があります。
いつその商品を売りたいのか、いつ必要とされるのか、つまり顧客のニーズが増加する時期を考えて余裕を持った送信をする事も重要となります。

そして肝心の原稿内容ですが、これも通常のダイレクトメールとは異なり工夫を凝らす必要があります。

通常のダイレクトメールですと、商品についての紹介が主体となりますが、faxでは送信できる枚数が限られてくるため、そうはいきません。

ですので、文章が主体の広告を作成する事になります。

内容としては、ただ商品の売り込みを行うのではなく、商品やサービスの提案や
試供など顧客の興味を引く内容を記載すると、商品の販売や問い合わせなどの
広告への反応を得られやすいと言えます。