営業手段として、fax一斉送信・同報そしてfaxdmについて

最近営業の手段の一つとして注目されているのがfaxdmです。

これはFAXを使ったダイレクトメールのことで、
主にBtoBと言われる企業対企業の中の営業として利用され始めています。

現在はパソコンによる電子メールや携帯電話による携帯メールが主流となっている中で、
日本の企業の中でほぼ100%普及していると言っていいこのFAXをダイレクトメールとして利用するのです。

そんなFAXによるダイレクトメールサービスでは「fax一斉送信」により一度に数万件のダイレクトメールを送ることができます。

また、データや商品紹介などを行う「fax同報」によって営業内容を伝えるのです。

この既存の通信手段であるFAXDMの一番のメリットとして視認率の高さにあります。

パソコンや携帯電話の電子メールであれば操作ミスにより削除されることもありますし、閲覧されないこともあります。

それに対してFXADMの視認率は高いことから、それぞれの企業の業務に合わせる形で使用すれば一定の効果を期待できるのです。

また、パソコン・携帯のメールのようにウィルスの問題や危険だと疑われることで削除される可能性を大幅に低くくすることができます。

このサービスを利用するさいは、専用のソフトウェアを使用して行います。またFAXDMを行う専門業者のサポートに基づき、
同時に数万件ともなるFAXの送信テストを行って後、実際に利用することになります。

そのため導入コストそのものは0円であり、一枚あたりのコストは4円~10円ほどが相場となっています。

このFAXDMを利用する場合は、業者を選ぶ必要があります。

多くの場合は同時に数万件の一斉送信や同報を行うことができますが、
業者により企業法人の名簿件数が変わることから、目的別に応じた形で利用することが必要となります。

たとえば、できるだけ多くの企業にサービスや商品、それらに関わる最新のデータを知らせたいのであれば、
企業法人件数を多く持つ業者を選ぶと良いのです。

このFAXDMは既存のFAXを使った企業向けの営業手段の一つとして使用されています。

http://faxdm.mobi/